X
header one

iTCI 2

iTCI 2

耳鳴り治療器の3つのモード

 

  • ノイズモード(サウンドジェネレータ)
    音響療法(ノイズ(治療音)のみ)。無難聴性の耳鳴りや、軽度難聴と伴った耳鳴り、周囲が静かな環境用のモードです。
  • 補聴器モード
    補聴器を使った音響療法(補聴器としての聞こえ)。難聴と耳鳴りの双方の症状がある場合に選択。補聴器として周囲の環境音を聞くことで耳鳴りが軽減されることがあります。
  • ミックスモード(コンビ)
    上記2つを同時使用(補聴器としての聞こえ+ノイズ)。軽~中等度難聴を伴った耳鳴りで、補聴器からの環境音だけでは耳鳴りへの意識レベルが下がらない時に使用します。

※治療音は専門家が調整します。

TRT_500x310
マークが目印です。

シグニア Nx、プライマックス、オリオン2は耳鳴り治療器機能を搭載

8割の方に効果があったと報告されている*1TRT(耳鳴り再訓練法)用の治療音(音響的ノイズ)を発生させることができます。

※耳鳴りの治療及び本機能の使用については、必ず耳鼻科専門医にご相談ください。
※TRT: Tinnitus Retraining Therapy
*1 関谷芳正、松田太志、高橋真理子他、耳鳴りに対する新しい治療法・TRT(療法)耳鼻臨床95:6;639~646、2002