X
補聴器を着用する人にとって、補聴器の外観も器種を選ぶ時の重要な要素です。補聴器をつけた時の見た目を気にする方は、目立ちにくい小型の耳あな型補聴器をご検討してみてはいかがでしょうか。
2020-09-08

タグ

小型の耳あな型補聴器の特徴について

補聴器を着用する人にとって、補聴器の外観も器種を選ぶ時の重要な要素です。補聴器をつけた時の見た目を気にする方は、目立ちにくい小型の耳あな型補聴器をご検討してみてはいかがでしょうか。

小型タイプの耳あな型補聴器とは?

補聴器が大きくて目立つ器械だという印象を持っている方も多いでしょうが、実は、耳の外からはほとんど見えないような小型の耳あな型補聴器もあります。

市場で最小の補聴器の1つであるシグニアのIIC・CIC・MCタイプの耳あな型補聴器は、着けた時に耳あなにぴったりとフィットし、外からはほとんど見えません。こんな小さなボディの中に、非常に高度な機能を搭載しているのです。また装用者の耳の形に合わせてオーダーメイドで丁寧に制作されるため、着けていることを忘れるほど快適です。マスクやメガネ、帽子の邪魔にはなりませんし、汗や雨などの水分にさらされて故障するリスクも低いです。

小型の耳あな型補聴器の特徴は?

小型の耳あな型補聴器は様々な利点がありますが、必ずしもすべての人にとって最適だとも言えません。自分の聴力や生活スタイルに合わせて選択する必要があります。

1.適応聴力
小型の耳あな型補聴器は通常、軽度~高度難聴の方に適しています。小さなボディから出せる音の大きさは限られているため、重度難聴の方にとっては不向きだといえます。

2.取り扱いやすさ
小さな補聴器を耳に出し入れするのは、少し難しいと感じる人もいるようです。また小さな補聴器には小さな電池が使われるため、電池交換やお手入れする時に細かい作業が必要です。小さいものの取り扱いが苦手な人は、購入前に販売店で実際に触ってみると良いでしょう。

3.耳の形状の制限
シグニアの耳あな型補聴器は一人ひとりの耳の形、聴力に合わせてお作りするオーダーメイドですので、非常に快適に着けられます。その反面、耳の形状と補聴器の相性が合わない場合があります。たとえば、耳の穴が短い、または細い場合は、小さな耳あな型補聴器に向いていないかもしれません。

4.機能と電池寿命
小さな耳あな型補聴器は、その小ささゆえに搭載できる機能が限られます。Bluetoothが搭載されていなかったり、指向性を利用した機能は非搭載だったりと、耳かけ型に比べると機能が少ない場合があります。また、使用する電池のサイズが小さくなるので、電池寿命も短くなりがちです。

他の小型な補聴器は?

小型の耳あな型補聴器の他にも、スタイリッシュで目立ちにくい、小型の耳かけ型補聴器があります。例えば、シグニアの人気シリーズStyletto(スタイレット)は、細身のボディとエレガントなカラーが特徴の最新デザインの補聴器です。耳の外側にかけて装用する物ですが、意外と目立ちません。見られたとしても、まるでアクセサリーのように見えるスタイリッシュなデザインですので、補聴器というよりもスマートフォンやメガネ、時計のように、実用性とデザインの両方が楽しめます。

あなたにぴったりの補聴器を見つける

シグニア補聴器は2020年8月に耳あな型補聴器の人気シリーズInsio Nx(インシオ)の価格帯を拡充しました。多様な耳あな型補聴器をより幅広い価格帯からお選びいただけます。

適切な補聴器を選択することは、難聴を補い自信を高める鍵です。技術の進歩により、今の補聴器市場では非常に多くの選択肢が提供されています。難聴の症状が現れた場合、まず耳鼻科を受診することをお勧めします。補聴器が役に立つと判断された場合、補聴器販売店で専門スタッフに話を聞いてみてください。装用者の聴力とライフスタイルに合う適切な補聴器を選択できるでしょう。

どのタイプの補聴器が適しているか迷いのある方は、シグニア補聴器の販売店紹介サービスをご活用ください。ご自宅に最寄りの信頼できる補聴器販売店をご紹介します。