X
家族との集まりや旅行で補聴器の出番が多かった方も、新年を機に補聴器のメンテナンスしてみませんか。補聴器を良い状態でより長くお使いいただくため、定期的にしっかりとメンテナンスすることをお勧めします。
2020-01-07

タグ

補聴器のメンテナンスについて

皆様お正月はいかがお過ごしでしたか。家族との集まりや旅行で補聴器の出番が多かった方もいらっしゃると思います。新年を機に補聴器のメンテナンスしてみませんか。 補聴器を良い状態でより長くお使いいただくため、定期的にしっかりとメンテナンスすることをお勧めします。

耳垢フィルターの交換

補聴器の音の出口には耳垢の侵入を防ぐフィルター(クリネット、ワックスガード等と呼ばれているもの)がついています。掃除機のフィルターと同じで、汚れてしまうと補聴器の性能に影響が出ます。

耳垢が詰まると、補聴器から出る音が小さくなってしまったり、汚れや湿度の問題で補聴器が壊れてしまうことも少なくありません。そのため、定期的にフィルターを交換する必要があります。

耳せんの取り換え

耳かけ型補聴器の先端にある耳せんは、経年劣化します。古くなってくると色が変わって固くなり、形も変わるので、音が漏れたり耳にフィットしなくなる等、補聴効果と装着感に影響します。

定期的に販売店でメンテナンスしてもらいましょう

多くの補聴器販売店では、日頃のお手入れではなかなかきれいにできない細かい部分の掃除を、専用の機械を使って行うことができます。

補聴器は精密機器なので、定期的な点検・掃除は補聴器の性能をキープし、寿命を長持ちさせるために大切なことです。お使いの補聴器を購入した補聴器販売店に定期的に通い、メンテナンスしてもらいましょう。

こちらからシグニア補聴器の取り扱い販売店をご紹介します