X
時には、現代テクノロジーの目まぐるしい変化が聴力に悪い影響を与えることがあります。ヘッドフォンの連続使用から、交通渋滞による騒音公害、過度に騒々しいコンサートまで、確かに私たちが生活している環境で、特に大都市に住んでいる人にとって、騒音は確実に増えています。
2020-07-14

タグ

技術の進歩と騒音性難聴

時には、現代テクノロジーの目まぐるしい変化が聴力に悪い影響を与えることがあります。ヘッドフォンの連続使用から、交通渋滞による騒音公害、過度に騒々しいコンサートまで、確かに私たちが生活している環境で、特に大都市に住んでいる人にとって、騒音は確実に増えています。

騒音と難聴の関連性

複数の研究により、大きな騒音は直接聴覚に影響を与える可能性があることが明確になっています。以前は、産業現場などの騒音が労働者の聴力に悪影響を及ぼし、社会問題になったこともありました。しかし最近では、騒音に関連する聴覚問題の多くは「自己誘発型」である可能性があります。その影響は非常に緩やかに進行するので、自分では気づかないことがよくあります。

騒音による聴力悪化の起因

現代の騒音による聴力悪化の主な原因は、多くの人が常に持ち歩くイヤフォン、ヘッドフォンでの大音量での視聴です。「イヤフォン難聴」という言葉が存在するぐらい、これらのデバイスは私たちの聴力に大きく影響しています。最近の技術の進歩により、音楽コンテンツ自体とそれに使われるオーディオ設備は、いままでよりも高品質で臨場感のある音を届けられるようになりました。しかし、使い方を間違ってしまうと、聴力に悪い影響を与えてしまうことがあります。実際の調査によると、85dBを超える音楽を定期的に聞いている人のうち、65%もの人が永久的な聴覚損傷を受けています。音楽だけでなく、映画、テレビ番組、動画コンテンツをヘッドフォンで大音量かつ長時間に視聴すると、同様に損害を与える可能性があります。

騒音による難聴はすべての人々に起こる可能性があります。調査によると、若者の90%以上が毎日ヘッドフォンを使用しているため、この年齢層が以前の世代よりも騒音による難聴に悩まされるでしょう。特に20歳から40歳までの若い男性は、一番その影響を受けているという調査結果があります。

聴力を守る重要性

人間の聴力が年齢とともに衰えていくのは自然なことですが、身の回りのテクノロジーの進歩が原因で、聴力がいままでよりも早く低下するのは自然ではありません。良い聞こえをできるだけ長く維持できるように、常に聴力を守ることが重要です。いまでは過剰な騒音をブロックするための、ノイズキャンセリング機能付きのヘッドフォンやデバイスも登場していますので、それらを活用しても良いでしょう。

気になる症状があれば、まず耳鼻科の医師に診察してもらいましょう。聴覚障害の根本的な原因は何なのか、または補聴器などの治療やサポートが必要かどうかを判断してくれます。