X
補聴器に興味はあるけど、いきなり販売店に足を運ぶのはためらってしまう・・・そのような方もいらっしゃることでしょう。補聴器販売店ではどんなことをするのか?を詳しくご紹介します。
2020-03-13

タグ

補聴器販売店での一般的な購入の流れ

補聴器に興味はあるけど、いきなり販売店に足を運ぶのはためらってしまう・・・そのような方もいらっしゃることでしょう。補聴器販売店ではどんなことをするのか?を詳しくご紹介します。

補聴器購入の流れ

来店からの流れはおよそこのようになります。
難聴と一言で言っても、人によって聴力の程度は様々です。また個々人の生活環境や好みも違います。このような多様なニーズに応えるため、補聴器も形状、適応聴力、使用電池等によっていろいろな種類に分けられます。自分に合う補聴器はどれなのかをよく検討したうえで補聴器を選び、自分の聴力に合わせてきちんと調整してもらうことが大切です。

カウンセリングと聴力測定を行います

補聴器販売店ではまずカウンセリングを行います。どういう音が聞こえにくいのか、どんな場面で不便を感じているのか等、自分の現在の聞こえの状態を伝えます。また、家族構成や普段どんなところに行くか等の生活スタイルも、できるだけ詳しくスタッフに伝えましょう。これらの情報は、補聴器を選ぶ時の重要なポイントになります。

その後、専用の機器でお客様の聴力を測定します。少し時間がかかりますが、リラックスしながら受けてください。

お客様の聴力にあった調整と効果測定を行います

電気製品の多くは購入してすぐに使い始めることができますが、補聴器は箱を開けてすぐに使えるものではありません。補聴器を使う前に、販売員は補聴器の音をその人の聴力やライフスタイルに合うように緻密に調整します。このことを「フィッティング」といいます。「フィッティング」の後は実際に補聴器をつけて、静かなところや騒がしい場所など、いろいろな環境で言葉がどう聞こえるかを確認します。

店内にいる短い時間では、補聴器が合うかどうかわからないという方もいらっしゃると思います。そのような方は補聴器を2週間ほど自宅でゆっくり試せる試聴レンタルサービスをお勧めします。

試聴レンタル申込みはこちら

購入後のアフターケアも

自分に合う補聴器が見つかったら、購入になります。購入する補聴器の種類によって、すぐ持ち帰ることができるものと、何日間かかるものがあります。また、聞こえは変化するものなので、購入後も定期的に販売店に通い、音の調整をしてもらい、メンテンスしてもらいましょう。

今回は補聴器販売店で補聴器を購入する場合の一般的なプロセスをご説明しました。補聴器をもっと知りたいという方はまず販売店まで足を運んで情報収集してみてはいかがでしょうか。難聴や補聴器に関する知識を正しく理解し、納得のいく補聴器選びをしましょう。

補聴器販売店紹介のお申込みはこちらから