X

難聴を放っておくことは想像されている以上にリスクを伴います

2018年3月6日の欧州連合(EU)議会において、最新の 難聴 研究結果として難聴を放置している人は、自立ができず日常的に支援が必要になるリスクが高まると発表されました。

世界保健機関(WHO)によると、世界中で4億6,600万人以上の人々が聴覚障害を抱えています。 しかし、例えばEUにおいては、補聴器を必要とされる人のうち、3人に1人しか補聴器を使用していません。難聴者は年々増えていますが、それは単に私たちの寿命が延びただけではなく、日常生活の中で多くの騒音にさらされていることも関係しています。 また、難聴を放置することは、聴力に関連する健康上のリスクがあるだけではなく、うつ病や認知機能低下などに関連する健康状態にもリスクを及ぼします。

健聴者と同じように自立できるチャンスがあるのです

神経心理学者であり疫学者でもあるHélèneAmieva教授の研究によると、聞こえの低下により補聴器を使用している人は、健聴者と同じように自立し続ける可能性があると発見しました。*

難聴を抱えている人は補聴器を使うことで、健康を改善し、生活の質を向上させることができます。 最近の補聴器は、いまだにイメージされている一昔前の厄介な医療機器とはまったく異なります。 最新のシグニア補聴器は、とても小型で、目立ちにくく、電話や音楽、テレビの音を耳に直接届けるワイヤレスヘッドフォンのような機能も搭載しています。

新しいシグニア補聴器は限りなく自然に近い聞こえを実現しました

「自分の声」の違和感を覚えにくくするこで、新たな次元の快適さを提供するシグニア補聴器は、独自の音声処理(OVP™)で、ありのままの、より自然な聞こえを提供します。

シグニア補聴器では、お客様一人ひとりに合う幅広いソリューションを取り揃えています。
シグニアサイトでは、Web上で簡単にお試しいただける聞こえ年齢チェック(https://www.signia.jp/mosquite-noise/)や、お近くのお店を検索できる補聴器取扱店検索(https://www.signia.jp/store-locator/)をご用意しておりますので、お気軽にお試しください。

* Study published in the Journal of Gerontology: Medical Sciences, based on data from 3,777 individuals aged 65 and older who were followed over a 25-year period. Death, Depression, Disability, and Dementia Associated with Self-reported Hearing Problems: A 25-Year Study, by Hélène Amieva, PhD, Camille Ouvrard, PhD, Céline Meillon, MSc, Laetitia Rullier, PhD, and Jean-François Dartigues, MD, PhD, was The Journal of Gerontology in January 2018 (J Gerontol A Biol Sci Med Sci, 2018, Vol. 00, No. 00, 1–7)