StereoSound ONLINE
シーメンス・シグニア補聴器、自分の声も自然にきこえる補聴器「Signia Nx」シリーズを発表。新開発の「自声処理機能」を搭載

2017年12月6日(火)のStereoSound ONLINEに、「シーメンス・シグニア補聴器、自分の声も自然にきこえる補聴器「Signia Nx」シリーズを発表」の記事が掲載されました。

 

自声の響きを抑えつつ集音性能もアップ

補聴器メーカーのシバントス株式会社から、シーメンス・シグニア補聴器ブランドの新製品「Signia Nx」シリーズが、来年1月末に発売される。

今回発売のSignia Nxシリーズは、『自分の声』と『それ以外の音』を判別し、別々の音声処理を行なう新技術「OWN VOICE PROCESSING(オウン ボイス プロセシング/自声処理機能)」を搭載する。これにより、両耳装用時に気になりやすい自声音(自分の声)の増幅を抑え、本来の自然なきこえを実現するという。

WEB「StereoSound ONLINE」:「シーメンス・シグニア補聴器、自分の声も自然にきこえる補聴器「Signia Nx」シリーズを発表」