SankeiBiz
【トップは語る】シバントス社長 補聴器普及へイメージアップ目指す

2017年8月8日(火)のSankeiBizに、「【トップは語る】シバントス社長 補聴器普及へイメージアップ目指す」の記事が掲載されました。

シバントス社長・芳賀圭子さん(52)

 --今年1月に医療機器メーカーから転身、社長に就任した。国内の補聴器市場をどうみるか

「当社が扱っているのは独シーメンスの『シグニア補聴器』だ。世界展開されている製品のため各国の市場の違いも分かるが、日本では消費者の補聴器に対するイメージがまだまだよくない。近年は性能に加え、デザインや大きさの面でも改良が進んでいるが、あまり知られていないように思う。難聴に対する理解も乏しい。日本では人口の11.3%(約1430万人)が自己申告で難聴と自覚しているとされるが、補聴器の所有率はこのうちの13.5%程度にとどまる。この比率は他の先進国に比べて低い数字だ」

 

SankeiBiz:【トップは語る】シバントス社長 補聴器普及へイメージアップ目指す