【プレスリリース】最先端聴覚セミナー、満員御礼!!にて開催 国内外の聴覚エキスパートによる講演で、さらなる知識の習得を支援

シバントス株式会社(本社:神奈川県大和市、代表取締役:芳賀(はが)圭子(けいこ))は、販売店向けに補聴器学習プログラムとして、2月25日(土)に「シーメンス・シグニア補聴器 第6回 最先端聴覚セミナー」を開催しました。今回の本セミナーでは、多数の参加者により満員御礼となりました。従来の「シーメンス補聴器 臨床セミナー」からシグニアブランドとして、新たな企画により開催し、業界により貢献できるように最先端の情報を提供することを目的に開催しました。

当日は、耳鼻科学聴覚医学における第一人者の小川郁先生を座長に迎え、国内外の聴覚エキスパート4名の講師が集結して最新の研究成果や臨床事例などを幅広く発表し、補聴器販売店の意欲にも応える講演となりました。また、本セミナーは、シーメンス・シグニア補聴器アカデミーコースの上級者向け「アドバンスコース」に位置づけられたプログラムとなり、さらなる知識の習得に向けた内容となっています。

今年は難聴と補聴器業界にとってエポックメーキングな1年に

冒頭の挨拶で座長の小川先生は、今年は難聴や補聴器に関することが大きく動き出すと述べました。

これについては2点の理由があり、2015年1月に政府が進める認知症施策として厚生労働省より新オレンジプランが発表され、認知症の危険因子に難聴が加わったことにより現在の補聴器販売体制に対する問題点の認識が進んだこと、そしてWHO(世界保健機関)の取り組みで今年5月に開催される第70回総会で聴覚障害及び難聴の予防に関する新たなアクションプラン及び決議が策定される予定になっていることがあげられました。

詳細は、弊社オフィシャルサイトのプレスリリースに掲載しています。
https://www.sivantos.jp/2017/03/29/20170329/

シバントス株式会社 オフィシャルサイト プレスリリース
https://www.sivantos.jp/press/